エックスサーバーの動作確認URLがgoogle検索に載っていた時の削除方法

エックスサーバーで設定した動作確認URLがまさかのgoogle検索に載ってしまった時の削除方法を書きたいと思います。
こんなことがあるのかと驚きますが、あるキーワードで検索すると本番用のドメインにまぎれて結構上の方に来てしまった経験がありますので、同じ目に会った人の参考に少しでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

エックスサーバーの動作確認URL

エックスサーバーでは他社からのサーバー移転の際に、フォルダ移動したデータの動作確認をすることができます。ネームサーバーを切り替える前に確認できるのは嬉しいですが、それをそのまま消さないとgoogle検索に載ってしまうことがあります。

動作確認URL

まず安心していただきたいのは、例えチェック用のアドレスが検索に載っていてもページは表示されません。

とはいえ例えばhttp://example-comというドメインにまぎれて

http://example-com.check-xserver.jp/

というアドレスが載っているを見ると、ちょっともやっとしますよね。
気づいた今!!行動を起こしましょう。ちなみに自分の場合は、設定後すぐDNSを切り替えて引っ越し作業を終えていましたので、数日後には載っていました。
もし気づかなかったら動作確認URLを消すという行為はおそらくしていないと思います。
そのまんまでしょう。
正直この事態が例外なのか、よくあることなのかは謎ですが、知ってしまったので対応をしたいと思います。

サーバーパネルから入って動作確認URLを消す

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」からログインして、動作確認URLを消しましょう。
万が一いくつもドメインを持っていて、すべて動作確認URLを設定しているなら、すべて消しちゃいましょう!
単純に右側にある「削除」ボタンを押します。

あっという間に削除が終わります。

Googleに削除依頼をします

つぎにGoogleに削除依頼をします。

Google から情報を削除する

「Google 検索結果から情報を削除する」を開いて
「自分が管理するウェブページではない場合」の下にある

古いコンテンツの削除

を開きます。
Search Consoleにログインするように求められると思いますので入りましょう。
もしアカウントを持っていないようならこちらはあったほうがよいと思いますので、登録しちゃいましょう。
ログインするとこんな画面が表示されますので、消したいアドレスを入れます。

右側にある「削除をリクエスト」ボタンを押します。


==
引用
このコンテンツはご指定のウェブサイトで公開されていません。
このコンテンツは既に存在していないか、Google からブロックされていることを確認しました。
一時的な削除リクエストを送信できます。このサイトのウェブマスターには、この URL について、無効なページの削除リクエストが送信されたという通知が Google から届きます。
==
というメッセージが出ると思いますので、さらにもう一度「削除をリクエスト」ボタンを押せばOKです。
作業はこれで終わりです。あとは静かに待ちましょう!

コメントをどうぞ