wp-config.phpが見当たらない、サーバーにない場合

WordPressをサーバーにアップロードして、URLからデータベースの設定を入れて、ログインできた~と思ってふとサーバーを見たらwp-config.phpがないという現象に遭遇した人のために。
ログインしてからは普通にダッシュボードを見たり、プレビューもできるし、とくに支障がない。でもWordPressのセキュリティ関連の情報を見ると、wp-config.phpのパーミッションを「400」にと書いてあったり、とても重要なファイルにもかかわらず、なぜないのか・・・。いろいろ調べてもwp-config.phpの手動アップの方法などは書いてあるものの、wp-config.phpがサーバー上になくてもいいという記事は一つも見当たらない。
そんな状況になったことのある管理人は、結局手動でwp-config.phpをアップロードしてサーバーに置くという方法で、根本解決にはなりませんが、なんとなくのもやもやを解消しました。
ちなみにWordPressを再度インストールしても、wp-config.phpが作られない時がたびたびあります。見えないだけなのか、本当に無いのか。でもデータベースにはつながっているので、ないはずはないのですが、でもどうみてもwp-config.phpファイルがないので、これをぐるぐる考えてもしかたが無いかなと思います。
もちろんきちんと作られている場合がほとんどです。もしかしたらFTPで見れていないだけかと思い、何度も「更新」を押してもやっぱり見れない。
ほんとに不思議ですが、でも無い時があったことは事実です。

スポンサーリンク

wp-config.phpの場所

そもそもwp-config.phpはどこにあるのかと言えば、WordPressのデータが入っている直下です。

「wp-admin」フォルダやwp-login.phpなどと同じ位置です。
サーバーによっては、WordPressを自動でインストールすると、自分でしていないわけですから、どこにあるのか?と探すこともあるかもしれません。
そんな時はwp-○○というファイルが沢山ある場所を探してください。WordPressのファイルはほぼほぼ「wp」がついています。
もしそこに「wp-config.php」があれば、あったあったということで話は終わりかと思います。

wp-config.phpを手動で入力してアップする方法

こちらではwp-config.phpを手動で入力してアップする方法を紹介しておきたいと思います。
WordPressをダウンロードしますと、wp-config-sample.phpというファイルが入っています。サンプルなので、こちらに必要事項を入力して、「wp-config.php」にファイル名を変えてサーバーにアップすれば楽だと思います。ある場所は、フォルダを開けたらすぐ見える位置です。WordPressのデータが入っている直下です。

wp-config.phpの画像

①データベース名を’database_name_here’の部分に入れてください
②データベースのユーザー名’username_here’の部分に入れてください
③データベースのパスワードを’password_here’の部分に入れてください
④MySQLのホスト名を’localhost’の部分に
⑤認証用ユニークキーはhttps://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/にアクセスして表示されたものをコピペしてください。秘密鍵サービスで、更新を押すと毎回文字列が変わります。
⑥データベーステーブルの接頭辞を’wp_’の部分に入れてください(セキュリティ的にwp_以外にしたほうがよいと思います。)

以上6カ所の修正が終わりましたら、ファイル名を「wp-config.php」に修正してサーバーにアップしてください。
アップする場所は、ワードプレスをアップした直下「wp-admin」フォルダやwp-login.phpなどのファイルが置いてある場所と同じ階層です。

パーミッションを「400」に変更

wp-config.phpが誰でも見れる状態にあるのは危険ですので、パーミッションを「400」に変更しておきましょう。
FFFTPをご使用でしたらファイル上で右クリックし、属性の変更から「現在の属性」部分にある数字を「400」に変更しておきましょう。
ただし「400」にしますとファイルの修正ができなくなります。修正したい場合は、「600」などにしてから修正しましょう。
万が一WordPressに不具合などが出る場合は、「400」はやめましょう。

セキュリティに関しては下記の記事にも色々書いていますので、よかったら参考にしてください。

エックスサーバーでWordPressをインストールしたらすぐにしておきたいセキュリティ対策
エックスサーバーに入れたWordPressのセキュリティを強化するため、wp-config.phpのパーミッション、.htaccessにアクセス拒否の命令を追加する方法などを書いています。

修正ができない場合はパーミッションを確認

「wp-config.php」が修正できていないという場合は、パーミッションが「400」になっていないかを確認しましょう。ロリポップを使用している方で、修正できない場合があるかもしれません。おかしいなと思った場合は、まずはパーミッションを調べてみましょう。
アップしても修正されていない場合は、そもそも修正したファイルをアップしていないかパーミッションが原因かと思います。

コメントをどうぞ